視力回復&脳活性プログラム アイアップ 視力向上委員会 前田 方法

視機能が視力回復のカギを握る

視力と一口に言っても、止まっているものを見る「静止視力」だけではありません。様々な視機能の要素が合わさったトータルなものが、物を見るというのが視力です。

 

 

では、視力低下などの眼の老化に関わる視機能にはどのようものがあるのでしょうか?
主には、以下のものが上げられます。

 

@焦点調節力
 近くものや遠くのものに対して、ピントを合わせて物を見る力。

 

A眼球のコントロール力
 眼の筋肉(眼筋)を動かして、眼球を動かす。

 

B輻輳解散力
 目を寄せたり離したりする。

 

C動体視力
 動いている物体を視線を外さずに持続して識別する力。

 

D深視力
 遠近感や立体感を正しく把握する能力

 

E瞬間視力
 見たものを瞬間的に記憶する能力。

 

F周辺視力
 中心以外の周りの状況を把握する。

 

G想像力
 脳が物を見てイメージする能力。

 

Hコントラスト
 色や輝度を識別し、暗い所や明るいところに、順応し対応する力

 

I目と体の連携作業
 見た物を行動に移す速さ。

 

 

以上が、視力低下などの眼の老化に関わる視機能です。これらの視機能を回復することによって視力の低下や老眼などを予防し改善することが出来ます。
そして、これらを総合的に改善するには、脳を鍛える脳トレーニングが効果的で、活性化した脳と目の連携がよくなれば、視野も広がり、目を使えば使うほど視力が良くなっていきます。

 

 

視力向上委員会の前田和久先生の視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」では、正しい目の使い方で実践することによりこれらの能力=「視力」を総合的に改善していきます。

 

 

 

 
体験者の声 視力と脳の関係 リンク集