視力回復&脳活性プログラム アイアップ 視力向上委員会 前田 脳の使い方 方法

目の老化は脳の使い方しだい

目の老化は脳の使い方しだいで変わるのをご存じですか?

 

 

誰しも歳をとれば足腰が弱ってきたり、内臓の働きが低下してきたりすると同じで、目の老化も誰にでも起こるものです。例えば、新聞を知らずしらずに目から離して読んでいたり、針に糸を通しにくくなったり、部屋の中が今までよりも暗く感じたり、文字や数字を読み間違えることが増えたなどは、目の老化が進んでいると思われます。

 

 

老眼などの目の老化に気づきはじめるのは人それぞれですが、早い人で30代あたりからで、遅い人でも45歳を過ぎた頃からでしょう。
だからといって、目の老化をどうしようもないかと諦めてしまうのは賢明ではありません。

 

 

考えてみれば、足腰や内臓がが弱ってきたなと思ったら、ジョギングやウオーキング、ストレッチなどの運動をを始めたり、食事を気遣うようにするのと同じで、目の老化に対しても、進行を食い止め改善するための対策を講じることが出来るんですね。

 

 

つまり、実際の年齢と目の年齢は必ずしも同じではないということです。事実、70歳過ぎた人でも視力が低下したり緑内症などの病気にならずに視野の欠損もなく健康に暮らしている人もいます。

 

 

特に老化が始まってからの視力の維持や改善は、高齢社会を生きる私たちにとってとても重要な問題です。何故なら、目ではっきりとものを見られからこそ出来ることが沢山あるからです。

 

 

そして、老眼などの目の老化を食い止めるには、目をきちんと使うことです。
ですが、多くの人は目の使い過ぎは、かえって目には良くないのではないかと思いがちですが、決してむやみに目を使うことを勧めているわけではありません。

 

 

大事なのは、目を正しく動かして働いてもらうことなんです。
当然、目でものを見るというのは脳の働きが関わっているので、脳を活性化させる使い方しだいで、目の老化を食い止めることに繋がります。

 

 

また、目の年齢を若く保つには、大きな努力が必要なのではなく、ちょっとした努力を毎日続けることが大切です。

この視力向上委員会の前田先生の「アイアップ」のプログラムは、ストレッチ効果もあり疲れ目も回復できるなど、目と脳の連携を改善します。ほとんどパソコンを眺めているだけのちょっとした努力をすることで、目を正しく動かして脳を活性化させます。

正しい目の使い方を習慣づけることで、あなたの視力はみるみる回復していくことが期待できるでしょう。

 

 

 

 
体験者の声 視力と脳の関係 リンク集